居宅介護リフォーム・バリアフリー改修、介護保険適用工事申請の事なら「タケゾエ建設」にお任せ下さい。

お問い合わせはこちら
TEL: 0120-671-607
リフォーム改修工事・公共工事を手掛けるタエゾエ建設
改修工事、リフォーム、建築のことなら、タケゾエにご相談ください

居宅介護リフォーム

誰もが安心して暮らせる家作り

居宅介護リフォーム事業
各所手摺の取り付け、段差解消(バリアフリー改修)など、居宅介護に適した住まいへのリフォームのお手伝いをさせて頂きます。
「介護保険適用工事」に必要な申請書類の作成も、安心して当社にお任せ下さい。
居宅介護リフォーム工事、各種改修工事のお見積り、ご相談はお気軽にお電話またはメールにてお問い合わせ下さい。 福祉住環境コーディネーターが、お客様に最適なプランをご提案致します。

介護保険適用になれば工事費の9割を助成金でリフォーム可能

介護保険の適用を受けるためには、ケアマネージャーが付き、要介護または要支援の認定を受けている必要があります。 また、保険適用の改修工事は工事内容にも制限があり、助成金支給額は一律上限20万円(支給額18万円:9割相当)となります。
<介護保険適用改修工事の範囲>
助成金を受けて改修工事を行うには、下記の制限内の工事に限られています。 その他の工事に関しては自費で行う事になりますが、まとめて工事を行い「助成金対象工事(介護保険適用)」と「一般工事」を分けて対象工事のみ助成金を申請することも可能です。
» 手摺りの取り付け
廊下、浴室、トイレ、玄関等の場所で転倒防止や移動に関わる補助的役割を目的として設置する物。
» 段差の解消(バリアフリー)
居室、廊下、浴室、トイレ、玄関等の場所で、床面の段差解消(バリアフリー化)を目的とした改修工事。 敷居の高さを変更したり、スロープを付けたりする事で解消する場合が多い。
» 滑り防止および移動の円滑化のための床材変更
居室の床材変更(畳から板製またはビニール製)、浴室でも滑りにくい材質の物へ変更する場合。
» 引き戸等への扉の取り替え
開き戸を引き戸や折り戸、アコーディオンカーテン等に取り替える扉全体の改修の他、ドアノブ変更や戸車の設置等も含みます。
» 洋式便器等への取り替え
便器を和式から洋式へ取り替える工事。 この際に、暖房便座や洗浄機能付き便器への取り替えも可能です。
※ 洋式から洋式への変更は適用範囲外となります。
» その他、住宅改修に付帯して必要となる工事
  1. 手摺り取り付けのための壁の下地補強
  2. 浴室バリアフリー(段差解消)に伴う給排水設備工事
  3. 床材変更のための下地補強
  4. 扉の取り替えに伴う壁または柱の改修工事
  5. 便器の取り替えに伴う給排水設備工事および床材の変更等
<居宅介護リフォーム工事の手順>
  1. お問い合わせ / ご相談
  2. 打ち合わせ / 現況調査
  3. ご提案 / お見積り
  4. 打ち合わせ / 事前申請
  5. 工事発注
  6. 工事着工 / 完了
  7. 申請書類提出
  8. メンテナンス
住宅改修助成金は、支給要件等、お住まいの市町村によって異なる場合があります。

居宅介護リフォーム施工現場

介護保険適用改修工事の施工前と施工後

施工前(写真左)と施工後(写真右)で一例をご紹介いたします。 改修工事は、地域や内容によって見解が異なる場合がありますので、まずはお気軽にご相談下さい。
施工前
施工前
施工後
玄関手摺りの取り付け
施工前
施工前
施工後
浴室手摺りの取り付け
施工前
施工前
施工後
洋式便器への取り替え
施工前
施工前
施工後
手摺りの取り付け
施工前
施工前
施工後
居室手摺りの取り付け
ページトップへ